본문 바로가기 주메뉴 바로가기
概要

東アジア日本研究者協議会について

概要 東アジア日本研究者協議会について
East Asian Consortium of Japanese Studies
東アジア日本研究者協議会について

本協議会は、東アジアを中心とした国々の研究者に、多様な分野において蓄積されてきた日本研究に関する成果を発表・議論する場を提供し、 日本研究と日本研究者の国際的交流の発展に寄与することを目的としています。 本協議会が誕生した背景には、東アジアにおける日本研究の蓄積に 比べて研究者間の交流が少ないという事実があります。北米を中心としたAAS(アジア学会)、欧州を中心としたEAJS(欧州日本学会)に対し、 東アジア地域にはたくさんの日本研究者が活動しているにもかかわらず、個人あるいはグループ単位での交流は行われていますが、東アジアの 日本研究者が一堂に会して交流しあう場は設けられませんでした。

そのため、5名の発起人により東アジアの日本研究機関を中心とする「東アジア日本研究者協議会」(以下協議会)を発足させ、議論を重ねて きました。その趣旨は、第一に、日本研究の質的な向上を目指します。第二に、地域の境界に閉ざされた日本研究から脱し、より多様な観点と立場か らの日本研究を志向します。第三に、東アジアの安定と平和に寄与します。また、東アジアの日本研究者が一堂に集まり真剣に議論しあい、 交流すること自体に意味があるはずです。本協議会は、将来東アジア地域を網羅する学会の設立を目標としています。
上記の趣旨のもと、東アジアの日本研究機関が順次執行を担当することにより、年に1回の国際学術大会を開催することになっています。 第1回は韓国のインチョン(2016年)、第2回は中国の天津(2017年)、第3回は日本の京都(2018年)、第4回は台湾の台北(2019年) で開催され、4回ともに300名にのぼる日本研究者が東アジア各国から集まりました。

第5回となる今回の大会は、一周して再び韓国・高麗大学校の担当で開催します。
本来は昨年(2020年)にソウルで行われる予定でしたが、世界的に拡散したCOVID-19ウィルスの事態により延期することとなりました。 全面オンラインで開催される今回の大会は、技術の発達とともに激しく変化しつつある今日の世界において、日本研究が目指すべき方向性を 議論する知的刺激の場を目指しています。東アジアの日本研究者の皆様がご自身の場所から日本研究の成果を発信し、 それをオンラインで議論しあうことで、時間と空間にとらわれない、日本研究の新たな視座を得られることを期待します。 また、次世代の日本研究者を積極的に支援することにより、大学院生や若手研究者が互いに切磋琢磨を通し良い刺激となることが、 将来の日本研究にもつながるだろうと確信しています。


TOP