본문 바로가기 주메뉴 바로가기
参加お申込み

次世代パネル発表

参加お申込み 次世代パネル発表

次世代パネル発表

  • 次世代研究者の育成を通して、東アジアでの日本研究の更なる発展と交流を期し、これまでの大会と同様、大学院博士後期課程学生の発表を積極的に支援します。
  • 各パネルは基本的に司会・発表者・討論者で構成し、合計4~7名とします。発表者は、大学院博士後期課程の院生でなければなりません。
  • パネルの持ち時間は、1パネルにつき2時間とします
  • パネルは参加団体・機関が自由に構成します。パネルの運営は自己負担とし、会議資料の作成も各パネルがすべて責任を持って行うものとします。
  • 院生の参加者は推薦状の提出が必要です(様式自由)。1名につき1通、所属大学または出身大学の教員が日本語また英語作成したものを提出するものとします。
  • 皆様のご参加を期待しております。

テーマについて

下記 のテーマに沿ったパネル概要(600-800字)を提出し、パネルを構成して参加するようお願いいたします。(発表要旨はパネル全体についての 発表要旨とします。)

  • 東アジアにおける歴史認識問題

  • 「世界文学」の中の日本文学

  • 東アジアにおける思想交流史

  • 東アジアの中の明治維新

  • 国民国家論以降の日本研究

  • 日本研究と日本語教育

  • AIと日本語教育

  • COVID-19と東アジア国際関係への影響

  • アジアの高齢化問題・福祉問題

  • 東アジアにおける政治と国際関係

  • 東アジアにおける日本の位置の変容

  • 帝国日本の支配と植民地社会の変容

  • 東アジアにおける人・物の移動と表象

  • 東アジアにおける経済発展と国際分業

  • 東アジアにおける日本語研究の諸問題

  • 注:以上はあくまで例であり、上記以外のテーマを排除するもの
    ではなりません。

使用言語

言語は原則として日本語とします。もし日本語以外の言語(英語や中国語など)で発表する場合、意思疎通のためレジュメやパワーポイントに 日本語訳をつけるようにしてください。

お申込み期限

7
3
0

参加費

参加費:1人当たり30米ドル($30)

※ 参加費のお支払方法等につきましては、詳細が決定し次第、大会HPにてお知らせいたします。

※ 大学院生の発表者(次世代パネル・次世代論文)につきましては、参加費を免除させていただきます。

お申込み方法

以下の登録フォームに内容をご記入の上、提出してください。

一般事項

パネル

概要(WORDのみ)

下記より一番関連しているテーマを2つ選択していただき、それに基づいて分科会が割り当てられます。

(1)
(2)

構成メンバー

司会者(1)

発表者(1)

推薦状(PDFのみ)

討論者(1)


TOP